奥様同行ハイキング -第3回ー

◆7月3日(日) 再度山(470m) -城山から登り、修法ヶ原から市ヶ原へ下る-

家内の所望で、炎暑を覚悟のうえ再度山を計画した。コースは「猿のかずら橋から城山、再度山、高雄山を巡る(2015.12.26)」とほぼ同じで高雄山を省略している。コース状況などはそちらを参考にしていただきたい。

布引の滝を巡って見晴台へ登る。曇り空でどんよりとした眺めだ。降水確率はAM30%/PM40%の筈だったのに天気が少々心配になる。

猿のかずら橋を渡って城山(323m)への急登に取りつく。途中のベンチの誘惑にも負けず、一気に休憩所まで登り切る。樹木に遮られて展望が得られないのが残念だ。瀧山城址も展望なし。

二本松で再度ドライブウェイを渡り、再度山歩道に入る。善助茶屋跡で休憩して軽く腹ごしらえする。炎暑対策で短パン半袖の軽装なので、休憩中に気になるのが虫(蚊)だが、意外に少なくてホッとした。

大龍寺の仁王門、本堂、奥の院を参拝してから再度山(470m)の山頂に向かう。天狗岩から山頂までは足元が悪いので滑らないよう注意する。展望もなく登頂感のない山頂で休むこともなく、修法ヶ原へと下っていく。

お昼時の修法ヶ原はハイカーで賑わっていた。運よく木陰のベンチをゲットできた。泡の出るドリンクで乾杯!、手作りのいなり寿司とカップ麺で腹を満たす。食後のホットコーヒーを味わいながらゆったりと寛ぐ。

帰路は「旧跡 蛇ヶ谷」から川沿いの木陰道を歩き市ヶ原に出て、布引水源地から展望台、徳光院経由で自宅に戻るいつもの散歩コースだ。

カテゴリー: 山行速報, 六甲・摩耶, 近畿・中国・四国・九州 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Optionally add an image (JPEG only)