奥様同行ハイキング(六甲山系では初めて)

◆5月22日(日) 摩耶山(702m) -二十渡・徳川道で登り青谷道で下る-

最初が肝心と、楽な登りで新緑と涼感を味わえる谷筋中心のルートを選びました。いつもの散歩コースで布引の滝から見晴台に登り、ここで入念に準備体操をして、いよいよ入山です。

前後に2組のハイカーがいましたが、地蔵谷、黒岩尾根へと分れていき、トゥエンティークロスは我々だけとなりました。森林公園東口までは家内も歩いたことがあるので余裕で新緑を楽しんでいます。

森林公園東口分岐にあるベンチで軽く腹ごしらえ、川べりの木陰で素敵な休憩場所です。

桜谷道分岐手前の飛び石渡渉も難なくクリアして、徳川道の石積みの道を辿ります。川沿いに緩やかに高度を上げていくので、とても楽ちんな登りに満足げです。

穂高湖畔でシートを広げて昼食です。手作りのいなり寿司に冷たいモノもでてきて上機嫌です。

アゴニー坂もあっけなくクリア(さんざん急坂だと脅していたので覚悟していたようです)、掬星台で神戸市街の展望をひとしきり楽しんでから帰路に着きました。ロープウェイとケーブルで下山する計画にしていましたが、時間に余裕があること、まだまだ歩けるということなので、青谷道で下山することにしました。

しかし、天上寺跡の史跡公園の急な石段にまいったようで、膝裏の筋が痛くなってしまい苦労しながら市街地への急坂を下りていました。

でも、初めての六甲山系デビューを完歩で飾り大したものです。これだけ歩けるなら一緒に登る山行きが増えそうです。

◆参考報告

摩耶山(702m) -徳川道- 2015年11月29日

カテゴリー: 山行速報, 六甲・摩耶, 近畿・中国・四国・九州 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Optionally add an image (JPEG only)