旧摩耶道への雷声寺登山口の確認≪続報≫

◆4月24日(日) 雷声寺からの入口を確認

前回(2015.11.21)、「地形図上の登山口付近はブロック塀で閉ざされている。雷声寺の参道から回り込んで取付くことは可能かもしれない。また、「熊内(2)(3)地区急傾斜地崩壊危険地域」図に示されている崖上の作業道は途中までで行止りの模様(未確認)である。」と報告していた雷声寺境界尾根への入口を踏査して確認しました。

旧摩耶道への登山口

旧摩耶道への登山口

●登山口の様子

市街地から境界尾根に取りつくには、二棟続きの建屋の裏側(西側)にあるイノシシ防護柵G4ゲートから入るのが良い。

境界尾根の末端部は、①~③の写真の通り、危険な崖となっているため取りつくことはできない。

修行大師像の裏側G3ゲートから入ることもできるが、尾根に出るまでの足場が悪い。「摩耶山(旧摩耶道・学校林道)」の標識が、ゲート手前に倒壊して横たわっている。

なお、ハイキング道へは不動明王像の裏側G1ゲートから入る。

●登山口の写真

カテゴリー: 山行速報, 六甲・摩耶 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Optionally add an image (JPEG only)